読了: 約 3 分

移住候補先として濃厚な長野についての情報を整理していくブログ。長野県が出している市区町村ごとの情報が多くてなかなか整理しづらいのでその辺りも諸々まとめたい。

前提の移住ブログ

長野県のいいところ

  • 自然が豊富
    • 温泉がある・近い
    • 綺麗な川、湖がある
    • 山もある
    • 土日に自然で遊べるようなところがある
  • アクセス
    • 東京からのアクセスが良い。新幹線の乗り換えなどが少ない
  • 利便性
    • アウトレットなどもあり、場所によっては都会的な場所もある
  • 人がいい
    • 東京で出会った長野県出身の人はだいたいいい人だった(主観)

検討軸を全て満たしているのが現状長野県になってくるので長野が有力候補となっている。続いて長野の公式情報についても諸々調べてみた。

長野県の公式情報

長野県といっても市区町村ごとに情報が異なるためそれぞれ整理してみる。

お試し長野

UIJターン就業・創業移住支援事業のご案内

10の地域で支援を行っている。詳細については下記からそれぞれのリンクに遷移することができる。

佐久(さく)

上田(うえだ)

諏訪(すわ)

上伊那(かみいな)

南信州(みなみしんしゅう)

木曽(きそ)

松本(まつもと)

北アルプス(きたあるぷす)

長野(ながの)

北信(ほくしん)

https://www.pref.nagano.lg.jp/rodokoyo/rodo/koyou/ijyu_shityoson.html

長野市

https://www.city.nagano.nagano.jp/uploaded/attachment/370059.pdf

松本市

1 移住元に関する要件
次の1から2までの要件を全て満たす者
1 松本市に住民票を移す直前の10年間のうち、通算して5年以上、東京圏、愛知県又は大阪府に在住し、かつ就労をしていたこと(※1)。
(※1東京圏等に在住し、東京圏等の大学等に通学し、東京圏等の企業に就職した場合、大学等への通学期間も就労期間に通算できます。)
2 松本市に住民票を移す直前に、連続して1年以上、東京圏、愛知県又は大阪府に在住し、かつ就労していたこと(※2)。
(※2被用者として就業していた場合にあっては、雇用保険の被保険者としての就業に限ります。)


2 移住先に関する要件
1 住民票の移動後3か月以上1年以内に移住支援金の交付申請をすること。
2 申請後5年以上継続して松本市内に居住する意思を有していること。

3 その他の要件
1 暴力団等の反社会的勢力ではないこと。または反社会的勢力と関係を有する者でないこと。
2 日本人であること。または外国人であって永住者、日本人の配偶者等、永住者の配偶者等、定住者もしくは特別永住者のいずれかの在留資格を有する者であること。
3 その他移住支援金の対象として不適当と認めたものでないこと。

https://www.city.matsumoto.nagano.jp/smph/miryoku/ijyuu/seido/UIJturnhojyokin.html

検討すべきこと

  • 長めに居住するのか
    • 1-2年などの短期の検討用はあるのか?
  • 長野で働くのか
    • 会社をやっていて長野の会社で働くのが無理
      • 副業なら可能
        • 投資契約書上、業務委託契約が締結できないのでそれ以外のことが可能かどうか
        • 長野県の仕事で面白いと思うものがない
      • 創業でもいいか?
        • 会社をやっていても創業してもいいか?
          • 創業してもいいのであれば補助などは通るのか
        • 創業はどういうものをやったらいいのか
    • 長野からテレワークをしていればいいのか?
  • 補助はあるのか
    • 補助があるのであればすぐにでも移住したい
    • マンションの契約があるので長野で先に家を借りるかして、その後完全に住民票も移す予定