読了: 約 2 分

リモートワーク で Macのキーボードのボタンが取れてしまったでので外付けのキーボードを久しぶりに利用しています。Windowsを久しく使ってないと慣れるまでタイピングに違和感があったり、設定をしないとタイピングしづらいですよね。 MacでのWindowsキーボードの設定方法について個人的なメモを記載します。

macでWindowsのキーボードを利用する時の基礎

karabiner-elementsアプリを入れて個別に設定します。ググってみるとだいたい皆さんこのアプリで設定しているようなので利用してるユーザも多そう。設定自体はかなり簡単なのでまずはこれをダウンロードしてみましょう。

参考にした記事はこちら

https://qiita.com/kamoc/items/93550dd7f5bbae15e70f

karabiner-elements日本語化に一苦労

よくみたら私の持っているマジェスタッチのキーボードに英数の切り替えトグルがないんですよね。

ググったらみんな英数切り替えボタンをかな変換にしているのに、、ということで私はコントロールキーに設定。何か不都合が発生したら切り替えると思いますが。

設定は、書いてある通りですが下記の通り。

  • from keyが打つボタンことで、to keyが変換されるボタンのこと

HyperSwitchでタブ+コマンドでWindowsっぽい動きを

今までのMacの設定ではやってませんでしたが、Windowsキーボードになったタイミングで設定を変更してみました。確かに細かく移動できるようになったので便利です。

Mac用無料アプリ「HyperSwitch」が便利!Command+TabでWindowsのようなウィンドウ単位でのアプリ切り替えができる!

なぜかコントロール+〇〇ができない問題

これが一番めんどくさかったのですがなぜか効かなかった。(普通当たり前にできるだろうということができない設定が多かったのせ初期設定で結構苦労しました。調べてみたら一瞬でできたのですが、Windowsが久しぶりすぎてたどりつくまで時間がかかったのでメモ。

やったこと

  • from key
    • caps lock
  • to key
    • left command

これによって、Windowsのキーボードのコントロールを効くように設定しました。

コントロール関連のショートカットキーがこれによって使えるようになりましたが、これをやらないと利用できないのはキーボード次第かもしれません。

たまには外付けキーボードも良い

久しぶりにWindowsキーボードを触ってみましたがたまにはいいものですね。Bluetoothのマウスも購入してMacだけど触らない環境を作ろうか迷い中。

キーボードは今まであまり設定変更など行ったことはなかったけど、入れ替えることでタイピングスピードが上がるようであれば設定変更したほうがいいですね。それだけで仕事の能率もだいぶ変わってくるので。