このエントリーをはてなブックマークに追加

読了: 約 2 分

現在運営しているメディアで収益がPVの差はあれど10倍程度になったのでメモ程度に記載しておきます。

Google Adsenseは超優秀だった

※元々が雀の涙程度の収益だったので10倍なら何しても行くかもしれませんが単価は3-5倍に上がりました。
一時期Google adsenseのアカウントを停止されていて、2年ぶり位にアドセンスに全部をリプレイスした所単価は約3倍程度になってPVが多いサイトで、少し広告の設置位置を変更した所10倍程度の収益になりました。

広告の設定位置はwordpress のテーマで最近話題になっているstingerを使用して、ちょっとレイアウトを変更しているものになります。

スマートフォンの場合はモバイルバナーを使っています。設置位置によってはCTR1%程度になりますが、記事内上部などに入れてしまうとCTRが0.2%と破滅的な数値になりました。

色々位置の変動のテスト中ですのでこの辺りの成果が出始めたらまた報告したいと思います。

Admaxのデメリット

広告の在庫も少ないのかDMMの広告だったり、あまり良い広告が表示されないというのと、
PPCの単価がキーワードによりますが、平均10-11円前後とadsenseの3-5倍低いという点
スマホだと、画面の下にモバイルバナー300×50のサイズの広告がちらついていて、サイトのユーザー体験を損ねるという点

非常に便利でお世話になっていたのですが、これらがデメリットで全部リプレイスするに至りました。

以前何かの記事で、アドセンスとadmaxを組み合わせてマネタイズしているというメディアの記事を読みましたが、確かに併用するのはありかもしれません。
admaxはPCだと特に広告のちらつきもないので、PCだけに分岐するなど行えば全然使えると思います。

ただ、パフォーマンスの観点からも不要なリクエストを増やしたくなかったので今回は全部取り下げる事にしました。

まとめ

PPC広告はi-mobile, yahoo広告等色々あるがアドセンスはキーワードによっては非常に良いパフォーマンスという事を再度認識。

スクロール追尾型広告はパフォーマンスにあまり影響しなかったので回遊枠として用いるか、
ソーシャル系コンテンツを設置する方が長期的には良さそう。

SNSでもご購読できます。

運営メディア

男性向けお役立ちメディア Coolhomme
就職・転職、エンジニア転職向け求人サイト Rplay
'