このエントリーをはてなブックマークに追加

読了: 約 4 分

2014年はお酒ばかり飲んでいたので今年はある構想を立てて動いています。
その第一弾として、クリエイターを集めてハッカソンを運営し、アイドルの画像・動画、ライブ情報管理サービス『Showin』のβ版を公開しました。
2名で約1日でリリースまで行う中で、学んだ事が幾つかあるので次回に生かすべくメモ。

企画段階の初期全体設計の重要性

ハッカソンといえば、限られた時間の中で、ある程度のお題が与えられていて、
APIを提供されるのでそれを使って何か新しいサービスを生み出すというもの。

今回は模擬ハッカソンとして、平日の金曜日の夜から土曜の夜までの “1日限定” としてサービスをローンチしようということになっていました。
しかし、企画設計の甘さから機能追加をしてしまって結果1日で終わらないという..。
実質稼働的には1日程度だったのだけれど、ローンチしてから機能追加でも良かったようなものをつけてしまったのは反省点。

途中普通に寝てしまったので、集中出来る環境を創るというのも大事。
ソーシャルネットワークの中で、ザッカーバーグは36時間コード書き続けたという話もあるので、
それくらい作業に集中してたら12時間位で終わった気がする…。

ソーシャルネットワークは、Facebookを始めたザッカーバーグを取り巻く環境がどうだったか
リアルに再現されていて(ザッカーバーグは違うといっているけど)、クリエイターなら絶対見ておきたい映画。
モノ作りする人が、単純に職業として生きるためというのもあるが、そもそも何のために創るのか、を考えさせられる。
目の前にあるものだけで完結させない、トップラインを見る重要性を教えてもらえる。

機能的な反省

本当に必要なもののみに搾る優先順位の付け方が甘い。
デバックする時間を考えると主要機能は2つ程度で十分。
ユーザーを獲得するために根本的な欲求、未だ世に出ていないもの、必要なスキームのところだけに集中する。

実装面

バックエンド

フレームワークはCakePHPを使用。
フォロー・お気に入り等はAjaxで。
InstagramのAPIと諸々スクレイピングしてる。

フロントエンド

ワイヤーフレームは5ページ程度を30分-1時間で。
Fireworksで1時間-1時間半程度でデザインの作成。アプリっぽいUI。
デザインはBootstrapを使わず、スクラッチで。
これも追々フレームワーク化する予定。

長期的に簡単に変更可能なようにh2,h3とかタグ自体にデザインを定義せずに、classで変更。
OOCSS,helper+moduleベースのCSSの書き方に習う。

インフラ

bitbucketのclosedリポジトリでバージョン管理。
デプロイは手動で、ここがイケてないのでtravisとか使って自動化したい。
さくらVPSで運用。

メールサーバー周りの設定で課題が残る。
Google appsの有償版でしか、新規会員登録時のメール認証の設定が出来ない?
ホワイトリスト。

実装面の反省

自分はおもにデザインからJavaScriptの面を実装、微妙にPHPを書いた。
ノリで書いてしまって、リファクタリングとか全く考えてなかったので、冗長的。
短時間で、綺麗なコードを書く事をより意識しないとパフォーマンスにも関わるので注意。

Travis ciとbitbucketの継続的インテグレーションで開発する準備をしていなかったので、
環境設定に時間をかけずに直上げしてしまったのが危ない…。
一応bitbucketでバージョン管理を行っていたので、デグレすることはなかったけれど、
開発に集中するために必要だなと。

今後

アイドルオタクは、種類によってまったく異なるが、実際にライブにいくタイプのオタクの方にヒアリングしながら、
機能実装しているのである程度ブレのないものになっているのだけれど、まだまだその段階に達してないので引き続き機能追加とバグ潰し。

アイドルって次から次へと出てきてよくわからない。
でも可愛いし、頑張っている姿を見ると毎日の活力になる。
また、単純にLiveDVDや音楽を聞くだけでなく、実際にLiveに行って握手等するのが、
オタク・ファンとしての楽しみの一つかと思います。
そういう体験や経験を思い出として残しておきたい。

アイドルを好きな人も、今まではそうでも無かった人も、
是非、アイドルの画像・動画、ライブ情報管理サービス『Showin』を
使ってみて下さい。
アイドル、画像、動画、スケジュール機能などは随時追加していきます!
今後の展開も考えております。

来週の1DAYハッカソンではRuby on Railsを使って、
また新しいサービスをローンチします。

僕が運営するハッカソンでは、ソーシャルネットワークを見ながら、お酒を飲みながらやります。
眠くなってしまう人には無理には飲ませたりしませんが、テンションが重要なのと集中出来ます。

とにかく、楽しい Let’s Hack.
開発が終わったら、チアーズ! と言ってお酒を飲みましょう。

SNSでもご購読できます。

運営メディア

男性向けお役立ちメディア Coolhomme
就職・転職、エンジニア転職向け求人サイト Rplay
'