このエントリーをはてなブックマークに追加
jscover

読了: 約 2 分

会社の査定のため…ごほんごほん
JSのカバレッジを計測することになったのでjscoverを使ってみましたが、日本だと使っている人がいないのか
記事がかなり少なかったためメモ。

他の方の記事だとdocument-root=dirにして、そこにユニットテストに使うhtmlを書くという事でしたが、
今のプロジェクトだとBackbone.jsでシングルにしてhtmlを用いてないためそういう計測方法だと面倒だという事で
下記の流れで設定して動くようにしました。

jscoverのインストール

document等も下記のページから、ちょっと見難いですが…
本サイト

ディレクトリ構成

インストールした状態のjscoverをそのまま下記のディレクトリに置きます。
ディレクトリ構成は下記の状態で作成しています。

backbone/
         app/assets~
         public
         jscover/target

1. proxyの設定

まず/etcの中にあるhostsの中を書き換えます。

cd /etc
sudo vim hosts
//127.0.0.1 localhostの下あたりに下記を追加
127.0.0.1 localhost-proxy

localhosts

分からない場合は下記をご確認ください。
jscover本サイトのマニュアル

2. ブラウザのproxy設定

macでの環境ですが、システム環境設定⇒ネットワーク⇒詳細からプロキシーを設定
localhost:port任意
と設定します。

プロキシ設定

3. javaコマンドのportと2で設定したportを一致させ起動

java -jar target/dist/JSCover-all.jar -ws --proxy --port=任意 --report-dir=target

4. ブラウザで確認

localhost/jscoverage.htmlと入力して
緑の画面が表示されます。

urlにlocalhost/appなどの様に入力すると自分の確認したいアプリケーションを起動します。
その状態でsumaryを確認するとそのページを表示した時に読み込まれているjsを計測してくれます。

jscover

SNSでもご購読できます。

運営メディア

男性向けお役立ちメディア Coolhomme
就職・転職、エンジニア転職向け求人サイト Rplay
'