このエントリーをはてなブックマークに追加
detail1_ff91b11d-1d2c-4987-abb0-c678cdefcf61

読了: 約 3 分

今では個人でもサイトを持つことが一般的になってきていますね。

就職・転職で自分の情報を伝えるため、学生でも自分の自己表現のために持っている
という方も増えています。

最近ではウェブ上でプログラミングなどを学べるツールなどが出てきていますが、
「1から勉強するとしても、独りでやっていて学習速度が遅い」、
私も専門学校に通っていましたが、「制作する仲間が欲しい」ということがあるかと思います。

サーバーサイドエンジニアの方でもフロントエンドの勉強をしたいという事があると思いますので、
そういう方の為に講座を開いております

学習したその後もサポート

※ご希望の方がいらっしゃいましたら、私のチームと一緒にその後制作案件に関わっていただければと思います。
アライアンスの報酬契約を行い、制作チームとして技術を伸ばしながら働いていただきます。

こんな方にお勧め

https---www.pakutaso.com-assets_c-2015-04-CSS_seiketukannoarucs1292-thumb-1000xauto-12515

・自分でサイト制作をしてみたい方
・自分でブログのカスタマイズ等
・初心者向けWebデザインを勉強したい方
・Wordpressで途中で挫折してしまった方
・HTML/CSSを効率的に勉強したい方
・経営者になりたい方

ご参加いただいた方には、
分からない箇所などが出て来た場合に、
後日メールにてサポートいたします。

講座の詳細

当講座は2回に分けて開催します。
1. WEBサイトを制作、インターネットで公開
2. サイトを自由にカスタマイズをしたいときの技術の上げ方
を詳細にお教えします。
初心者の方などのバランスを見て講義内容を変更していきますので、
講義のレベルなどに関しましても、お気軽にご質問下さい。

ウェブサイト制作の初期における問題点

1.体系的に、一から手順が書いてある記事がない
インターネット上には、数多くのWordPressに関する記事があります。
しかしその多くは、ある問題解決の記事であって、一から全てを丁寧に書いてあるものはほとんどありません。
また、記事が多すぎるため、自分が求めている情報を見つけ出すのが困難になってしまっています。

2.綺麗なテーマは…解説が英語
WordPressには、世界中の人が作った有償、無償でデザインテンプレート(WordPress内では「テーマ」と言います。)があります。
自分の好みのデザインを見つけ出し、簡単にインストールすることができるのです。
しかしテーマの多くは、海外の人が作っているため、解説が英語なのです。
日本人が作ったものもありますが、日本製のものは一般的な企業サイトにあるような、一番上にメニューが横並びになっていて、といったものが多く
独自性に欠けているのが現状です。
解説が英語だから、設定ができない。

3.サーバーの設定が難しい
WEBサイトは、インターネット上にデータを置いておかないと
アクセスができません。
初心者の方には「レンタルサーバー」というものを利用をオススメしています。
レンタルサーバーには、WordPressの「かんたんインストール」の機能がついていますが
サイトの設定、URL、サーバーの設定が複雑すぎる…というお悩みを解決します

ご希望の方は下記のページよりお申し込みください。
https://www.street-academy.com/myclass/4149?sessiondetailid=16745

スクリーンショット 2015-07-22 16.55.24

SNSでもご購読できます。

運営メディア

男性向けお役立ちメディア Coolhomme
就職・転職、エンジニア転職向け求人サイト Rplay
'