Warning: reset() expects parameter 1 to be array, boolean given in /home/users/2/mods.jp-makoto-tanaka/web/wordpress/wp-content/themes/xeory_base/lib/functions/head.php on line 143
このエントリーをはてなブックマークに追加

読了: 約 2 分

WEBアプリを作成する中でサイトの速度改善が売り上げ・PV等に直結してきますよね。
会社の中でスピードグランプリ的なものがあり、負けたくないですし、今のアプリを創る中で色々思う事があったのでメモしておきます。


by Alan Cleaver

画像の最適化で、CSS Spliteを行っていたのですが、
サーバー側で並列で画像を表示するという方法に切り替えたので、
画像のspliteをやめました。

Google analyticsによる速度計測は本当に正しいわけではないですが、参考までに。
Google chromeのextentionのPageSpeedとかで重要度別に対応した後継続的に計測して
パフォーマンスを改善していく必要がありますね。

個人的に今行っている計測方法としては下記の3点で行っています。

  1. 1. Google Analytics
  2. 2. ADB (android 4.x以上)
  3. 3. Chalesで3GS環境を意図的に作り、スーパーリロードして、Chrome Developer ToolのNetworkで確認

2. ADB (android 4.x以上)
Chrome DevToolsで英語なのですが、下記参考までに。
Remote Debugging

3. Chalesで3GS環境を意図的に作り、スーパーリロードして、Chrome Developer ToolのNetworkで確認
これに関してはあまり記事がないので書いておきます。



インストールはこちらから

【Tools】⇒【DNS Spoofing】
Enable DNS Spoofingにチェック
Host name , Addressを入力し、旗のアイコンをクリックすると
環境のネットワークをしぼる事で3Gのバイト数にしているようですね。
その状態でChrome DevToolのNetworkを開きます。

Google analyticsによる速度計測の参考になる記事があるのでご紹介。
MOL | サイトの速度
コメント欄での指摘も結構気になるところ
ミリセカンド単位での調整もJavaScriptの処理含めて行っているので、こういったところは
シビアに見ていく必要がありますね。

また、計測のノウハウが貯まってきたら追記しようと思います

SNSでもご購読できます。

運営メディア

男性向けお役立ちメディア Coolhomme
就職・転職、エンジニア転職向け求人サイト Rplay
'